漏電調査

TSS鏑木です。座間市で電気工事、通信、ITのことやってます。

本日は、お客様より2週間くらい前からブレーカーが落ちるので、来て欲しいとご依頼がございました。到着16:15。到着して状況確認。照明のスイッチオンで、ブレーカーが落ち、コンセントにつながっている機器のスイッチオンでブレーカーが落ち、とにかく落ちる。漏電箇所も見つからず、スイッチもだいぶ古いので交換。治らず。漏電ブレーカーもだいぶ古い。以前、お客様が電気保安協会に照明器具の故障で漏電していると言われて、調べたら結果、ブレーカーが壊れていたことがあった。今回もそのパターンもあり得るので、次回交換で本日は幕を閉じました。

最近、漏電だとと言われて現場に行くケースが結構増えてきました。漏電調査は緊急を要するのと、現場に行ってから、しっかり調べないとわからないケースが多々あります。当社では、緊急を要さない場合は、下記のような流れで行います。

1、現地確認 現場に行ってインタビューと状況確認。

2、お見積もり作成 現地確認をもとにお見積もりと作業工程を作成いたします。※原因がわからない場合は、漏電調査となります。漏電調査は、20,000円〜です。

3、お客様よりご依頼 お見積もりと作業にご納得いただけましたら、ご依頼いただき、作業の日程調整を行います。

4、作業開始 漏電調査の場合、漏電箇所を特定して行きます。その際、電気を落として切り分けながら行います。原因がわかっていて作業にはいる場合は、復旧して検査を行います。

5、完成図書作成 作業が完了致しましたら、完成図書を作成いたします。御請求書と一緒に提出いたします。

漏電や電気のトラブルは、お気軽にご相談ください。

前の記事

TPlink 監視カメラ取付